日光の母なる山 【女峰山】 ②

6月20~21日。 (①からの続きです)




女峰山をあとにして、帝釈山へと向かいます
直下の急斜面を、慎重に下ります。
画像
9:30




帝釈山へのヤセた稜線が続く
画像




稜線から振り返ると
北アルプスの槍ヶ岳を彷彿とさせる
女峰山の鋭角な山頂部を見る事ができる。
八ヶ岳の赤岳にも似てるなあ~(^_^)
画像




これから歩く稜線
画像




日光登山路の、三つの難所を総じて
「日光三嶮」といいます。
一つは、大真名子山の「千鳥返し」
一つは、太郎山の「新薙」
画像




そしてもう一つは、この
女峰山と、帝釈山の狭い尾根上の道
「馬の背渡り」です。
でも、僕等でも歩けるので
大丈夫マイフレンド (^^♪

画像




鎖場だ・・・
こんなん、あったっけ (・_・?)

画像




専女山
画像
10:05



晴れてれば
もっと良かったんだけどなあ (-_-;)

画像




帝釈山への登り
画像




【帝釈山山頂】
帝釈山、(標高2455m)
画像
10:25




針葉樹林に覆われた
西斜面を下ります。
画像




15時からって言ってたのに
もう雨がふってきました (T_T)
面倒くさがって、最初
ウインドシェルで雨をしのいでいたんだけど
これは良くないと思い知りました。
ウインドシェルが濡れて、後々しまいようが無い ( ̄~ ̄;)

画像




【富士見峠】
帝釈山と、小真名子山との鞍部にあたる
富士見峠に到着
画像
11:50




あとは林道を帰るだけ
路面がボッコボコですが、これ林道です (^_^;)
画像




【馬立】
1時間20分、林道を歩いて
やっと女峰山への登山道入り口の
馬立まで戻ってきました。
ここから志津乗越まで、さらに林道歩きが続きます
画像
13:10




まみが朝、歩きながら寝ちゃったという林道
この時僕も、まったく同じ体験をしました。
大真名子、小真名子を登るとき
まみちゃん、またここ歩いてくれるかな・・・(^_^;)

画像




ゴーーール ヾ(≧▽≦)ノ
画像
14:30




【奥日光湯元温泉】
いつもの湯元へ。
今回は、「ゆ宿 美や川」さんに宿泊です
画像




宿の玄関に水場が ( ̄ロ ̄)!!!
温泉岳石清水が出ていました。
画像




宿の正面の、手湯「河原湯」
画像




部屋数が5部屋と少なく、
4つの貸切風呂という、驚異的な宿なので
いつでも、熱々の源泉かけ流しが
貸切状態で楽しめます
*写真はHPより拝借
画像




源泉をドバドバ流してあるので
冷たい温泉岳の石清水でうめても、
すぐに熱々になるので、好きな湯加減で入れます
画像




風呂上りに昼寝ができるようにと
すぐ蒲団がひける状態にしてくれていました
風呂 → 昼寝 → チーズ鱈 (最初に戻る)
のローテーション最高 (^_^)v

画像




僕の小遣い
パーーっと使っちまったぜ (`∀´) ヶヶヶ

画像




閲覧注意!
画像




スッテンテンになっちゃったので
またお金貯めないと・・・(^_^;)

画像














 






























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのトラックバック