男はつらいよ~口笛を吹く寅次郎

画像
岡山県、備中高梁の蓮台寺、博の父の墓参りに来た
寅さんは、そこで寺の娘に恋をする。


博の父の墓がある蓮台寺
寅さんはお寺の出戻り娘、朋子に一目惚れ。
和尚とも意気投合し、お茶一杯のつもりがお酒へと。

翌朝二日酔いの和尚の代わりに
寅さんが法事に行く事に。
墨染めの衣を身にまとい、習わぬ経を読む寅さん。
いつしか法事は寅和尚の下世話な法話で大爆笑になる。


そのまま寅さんは住み着いて助手になる
そんな時、博の父の3回忌法要で博、櫻、満男がやってくる。
和尚と一緒に木魚をたたく寅を発見してびっくり
寅さんは櫻達を驚かせて、それを面白がる
櫻はすっかり放心状態


この蓮台寺にはひとつ問題があった。
息子の一道が父と対立している。
一道はカメラマンになる夢を持っていて
寺を継ぐ意志はないのだ。
ついに喧嘩して一道は東京に行ってしまう。


ある夜、風呂に入っている和尚は
釜に火を炊く朋子に寅さんとの結婚を勧める
寅さんがそこに居るとも知らずに・・・
「おい、朋子そろそろどこぞに嫁に行け、それとも寅さんを養子にもらうか?
お前も寅さんみたいな人がええ言うとったじゃろう」

翌朝寅さんは手紙を残し柴又に帰ってしまう。
・・・境内で涙ぐむ朋子だった。


朋子さんは寅さんを思い柴又にやってくる
「寅さん、ごめんなさい・・・
いつかの晩のお風呂場の事・・・
あの三日ほど前に父さんが、
お前今度結婚するならどげな人がええかって聞いたの・・・
それでね・・・それで・・・私・・・」

「とらちゃんみたいな人がいいって言っちゃったんでしょ?
和尚さん笑ってたろ?俺だって笑っちゃうよ、ハハハハ」

「その事が寅さんの負担になってしまったんじゃないかと・・・」
「俺がそんな事本気にするわけねえじゃねえか」
「じゃあ・・・私の錯覚・・・」
照れ隠しなのか何なのか、
寅さんは真剣に面と向って思いを打ち明ける朋子に対して
冗談でごまかしてしまい、朋子を振る事になってしまった。
・・・・・あああああ寅さん、真剣な朋子さんの顔が見えなかったのか?
朋子さん、寅さんは真剣に結婚を考えると
ひとまずとらやに帰って家族に相談する習性があるんだよ、
寅さんも真剣だったんだよなあ・・・( ̄~ ̄;)あ~あ


ファンの誰もがうなずく魅力的なマドンナ、石橋朋子
彼女との結婚は夢に終わってしまった。

・・・そもそも一道~~~
たのむよ~~~
空気よめよ~~~
お前さえカメラマンの夢を諦めて
寺を継いでさえしてくれりゃ
寅さんと朋子さんは何とかなったかもしれないんだぞ・・・(-_-メ)



男はつらいよ~口笛を吹く寅次郎
哀しい結果になってしまったが、素晴らしい恋の話でした。
ちなみに寅さんが口笛を吹く訳ではない
しいて言えばこの作品から江戸川でのシーンのBGMで
口笛の曲がかかるようになった。


ところで
何人の人が気付いていただろうか
風呂場で和尚の松村達雄さんが歌う歌、
あれ霧島昇の「誰か故郷を思わざる」だという事を。
やっぱり表現力のある人は歌まで味があるなあ。


最後に、私は医者でレントゲン撮る際、笑う事にしました。





男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎
男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック

男はつらいよ/口笛を吹く寅次郎
Excerpt: 男はつらいよ/口笛を吹く寅次郎 (1983/日本) 評価(お奨め度)★★★★☆ 監督: 山田洋次 製作: 島津清/中川滋弘 企画: 小林俊一 原作: 山..
Weblog: シネマの箱
Tracked: 2006-09-24 01:05

映画評「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」
Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 1983年日本映画 監督・山田洋次 ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2006-09-25 03:11