RUU-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 桧枝岐から、尾瀬周遊 【燧ヶ岳】 B

<<   作成日時 : 2012/07/07 22:39   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

6月30日。 (Aからの続きです)




【俎ー〜柴安ー】
燧ヶ岳の最高峰、柴安ーへは、
いったん、俎ーとの鞍部まで下り、登り返します。
また同じように戻ってくるという事で、
まみちゃんには、俎ーで、待っていてもらい、
僕だけ独りで行ってきました。

画像





【柴安ー山頂】
柴安ー シバヤスグラ (標高2356m)
累積標高差、897m
燧ヶ岳の最高峰、柴安ー
山頂からの展望は最高
大きく広がる尾瀬ヶ原は感動的でした。
画像
12:05




山頂標識もう一つありました。
あの墓石みたいのもいいけど、こっちもいいね (^_^)
画像




【柴安ーからの展望】
尾瀬ヶ原至仏山
尾瀬を眼下におさめる展望、
素晴らしいの一言でした。
画像




尾瀬沼
それでは、まみちゃんの待つ俎ーへと戻りましょう
こっからもまた同じだけ登り返すんだなあ (-_-;)

画像




俎ー山頂で、お昼ご飯
今日、僕は寝ずの登山のダメージで
体調が悪くなってしまいまして
生まれて初めて、チョココロネを残しました (^_^)

画像




【俎ー〜尾瀬御池】
下山は、尾瀬御池を目指して、北に下ります
北斜面となるので、7月まで雪渓が残ります
雪渓をトラバースするところ
足の悪いまみちゃん、相当怖そうでした。
画像
12:50(下り始め) 13:20(雪渓) 




足を滑らしたら、下まで行ってしまいます。
画像




雪渓を250m下る所。
この大きな雪渓を下る事は知っていましたので
まみの足の事も考えて、軽アイゼンを持ってきてました。
履かせようとすると、まみちゃんから
「自分も今日ヘロヘロだから履いときな」と言われ、
結局お互い、片足づつ付けてくだりました (^^ゞ

画像
13:40




雪渓も終わり、樹林帯を抜けると、
開けたところに出ました。
画像




【熊沢田代】
このコース中、屈指の美しい場所
湿原に伸びる木道と、池塘が印象的な、熊沢田代です。
画像
14:40




熊沢田代は、人も少なくって
静かな山歩きを楽しめます。
画像




空を映し出す池塘
アカハライモリが息継ぎであがってきたとこ見たよ (^_^)
画像




ふり返って仰ぎ見る燧ヶ岳山頂部
画像




チングルマ
画像




ハクサンシャクナゲ
画像




【広沢田代】
熊沢田代から、しばらく樹林帯の急坂を下ると
また湿原が現れる。ここが広沢田代
ワタスゲが群生し、池塘の多い湿原です。
画像
15:40




う〜〜ん、帰りたくなくなるね (^_^)
画像




チングルマ
画像




天然の椎茸
もって帰って、網で焼いて食いたかったなあ〜〜
・・・椎茸ですよねこれ絶対 ( ̄∇ ̄)?

画像




寝ずの登山で頑張ってきたけど、ついにダウン
頭痛、吐き気、疲労がひどくて、寝込んでしまいました
また、このルートが急坂の下りが長いので
体力無い僕等では、とてつもなく疲れるんですよ (^^ゞ

画像




広沢田代から、御池までは
これまでにも増して、急坂下りです
座り込まないと降りれない程、急な所も多くて
大変に疲れました。

でも、足が悪くて、下りに不安のある、まみちゃんにとって
このコースで下れたことは、
今後の大きな自信につながったと思います。

画像




【尾瀬御池駐車場】
激下りを耐えて、燧裏林道と合流すると
すぐに、尾瀬御池の駐車場に着きます
ゴ〜〜〜ル ヾ(≧▽≦)ノ
という訳で、大変でしたが、
とっても楽しく、登山をすることができました。

画像
17:10




【桧枝岐温泉】
桧枝岐中心地まで移動して、温泉へ
日帰り温泉施設の「燧の湯」です。
桧枝岐川のせせらぎを聞きながら
ほのかに硫黄の香る露天風呂は至福の時でした。
これでなんと500円、安い ( ̄ロ ̄)!!!

画像




お風呂を出るともう夜7時
食事したり、PAで寝たりして
だらだらと車を走らせて
家に着いたときはもう朝でした。
桧枝岐まで行ったら、やはり泊まりたいですね。




読んでいただいて
ありがとうございました。  <(_ _)>














 















































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわっ!
素晴らしいですぅ〜〜〜
山じゃないよ、RUUさんとまみちゃんです♪

燧〜御池の道は歩いてみたいと思ってたとこです。
お花がスゴイから♪
しかし、大変そうだね(^_^;)

私は新潟でバテまくりのヤバヤバで
今、自信喪失中なのです。

まみちゃんの頑張りは見習わなければなりません。

まみちゃんにハグハグしたくなりました(笑)

あっこ
2012/07/10 18:13
あっこさん
コメントありがとうございます
あっこさん!!
あたたかいお言葉
ありがとうね、本当にありがとう
まみもとても喜んでいます (^_^)
その言葉だけで、
これからも頑張ってやれそうな気がします
”いつか二人で、もう一度アルプスへ”
そんな夢のような目標も
少しだけ近づいてきた気がします

さっき、あっこさんの代わりに
僕がまみに”ハグハグ”しときましたよ
「うざいから今すぐ離れろ」
って、言われちゃいましたけど (T_T)
やはり、あっこさん本人のハグじゃないと
ダメみたいなんで、いつの日かお願いします (^_^)v

燧〜御池ルートは
雪渓と、美しい熊沢田代、広沢田代
以外の場所は、とんでもなく急坂です
(僕らがひ弱だからですが)
でも、花はとても多いし、人も少なくて
とってもいいですよ
RUU
2012/07/10 20:55
尾瀬、よいですねぇー!
花も池瘩も雪渓も良い感じです。
帰りたくない感じ、分かります!
燧行けたらアルプスも
場所によっては歩けそうですね。
遠いのに運転お疲れ様でした。
帰路含めくれぐれも安全運転で!
asa0110
2012/07/12 09:04
asaさん
コメントありがとうございます
尾瀬はホントいつ行っても最高ですね
水芭蕉も少し見れたです。
今尾瀬は、鹿が水芭蕉を食べてしまう
という問題を抱えているんだそうです
難しい問題ですねえ〜

燧〜御池ルートの下山は
こんなに急な下りは
そうそう無いんじゃないかな?
と思います
僕等が軟弱なだけかもしれませんが
今後の自信になりました
また、このルートの熊沢田代、広沢田代は
とても美しかったです
辛かったけど、歩いてよかったなあ〜〜

asaさん
本当にありがとうございました。
RUU
2012/07/12 21:13
桧枝岐から、尾瀬周遊 【燧ヶ岳】 B RUU-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる